申請枠のキャンセル待ちは運とタイミングですが……

ご存知の方も多いと思いますが、東京都への旅行業の新規登録申請や更新登録申請を行う場合は予約制となっています。電話で都庁の旅行業担当部署に空き状況を確認し、事業者さんの希望日時で予約を取得しています。

東京の旅行業登録は予約しても申請が数週間後?

しかし、申請が立て込む時期は第一希望の希望日時で予約が取れなかったり、予約が取れたとしても3週間後になってしまうこともあります。

東京都の旅行業登録申請には、『キャンセル待ち』という制度は残念ながらありませんので、予約が取れた3週間後まで待ちながらも、定期的に電話や、都庁の窓口へ伺った際に、キャンセルが出たかの確認を行っています。

突然のキャンセルで枠が空くこともある

正直なところ、キャンセルはなかなか出ません。

ですので、運とタイミングの話になるのですが、ある日、都庁にキャンセルの確認をしたところ、翌日の午後の1枠にキャンセルが出て空いていると担当官より教えて頂きました。当然、その枠を押さえて、申請書類のセッティングをして、提出いたしました。

旅行業登録の分野を取り扱われている同業の行政書士事務所さんはいくつか存知あげておりますが、多くの事務所さんは、個人事務所で、行政書士が1人で運営されているのではないでしょうか。

個人事務所ではなく行政書士法人ならではのメリット

私どもは、法人格をもった事務所、『行政書士法人』であり、複数名の行政書士と行政書士有資格者が在籍しています。ですので、今回のような急な申請枠のキャンセルが出ても、所内の誰かしらが都庁に足を運ぶことができます。こういうところが組織的に動いている行政書士事務所の強みなのではないでしょうか。

また、私どものメンバーは、とにかくプロ意識の高い人材が集まっているので、とにかく最後まで諦めません。しつこい事務所かもしれません。ですので、最後は、運も味方につけられるのでは、と思っております。

まずはお電話・メールにて、旅行業起業や旅行業登録の手続きに関するお悩みをお聞かせください。

直接相談をご希望の場合は、日時や場所を打ち合わせ・決定します。(初回相談は、原則無料です)

直接相談の後、旅行業登録や旅行会社設立の代行をご希望の方は、業務お申込後に着手いたします。

電話でのご相談

お電話でのご相談の際は、適切な担当者・回答内容となるよう、お名前、会社名、電話番号、相談されたい許認可の内容についてヒアリングさせていただいております。

メールでのご相談

返信まで時間がかかる場合がございますので、お急ぎの方は電話でご相談ください。

海外からメールを送信される方へ

※海外からメールフォームでお問い合わせいただく際に、「メッセージは送信されました」と表示されても、メールが届かないケースが多くなっています。
「自動返信メールが届かない」、「2営業日経過しても担当者から連絡が無い」といった場合には、大変お手数ですが、お電話でお問い合わせいただきますようお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

メッセージ本文

メールアドレスの入力間違いには、十分ご注意ください。

ページトップへ戻る