旅行業登録票

旅行業登録、旅行業者代理業登録を取得した旅行会社は、営業所において、法令で定められた「標識」をお客様が見やすいように掲示することが求められます。この標識は、『登録票』(旅行業登録票、旅行業者代理業登録票)と呼ばれ、旅行業協会で購入することができます。

この登録票の書式は、第1種、第2種、第3種、地域限定旅行業である旅行業者と、旅行業者代理業で別の様式となっています。

用紙の色も違っており、国内・海外旅行を取り扱う営業所では青色、国内旅行のみを取り扱う営業所では白色の登録票となっております。

旅行業登録票、旅行業者代理業登録票に記載すべき事項

第1種、第2種、第3種、地域限定旅行業の場合

  • 業務の範囲
  • 登録番号
  • 登録年月日
  • 有効期間
  • 氏名又は名称
  • 営業所の名称
  • 旅行業務取扱管理者の氏名
  • 受託取扱企画旅行

旅行業登録票(第一種旅行業登録)

旅行業登録票(第三種旅行業登録)

出典:観光庁ホームページ
http://www.mlit.go.jp/kankocho/1102_mutouroku.html

旅行業者代理業の場合

  • 業務の範囲
  • 登録番号
  • 登録年月日
  • 所属旅行業者の登録番号とその氏名又は名称
  • 氏名又は名称
  • 営業所の名称
  • 旅行業務取扱管理者の氏名
  • 受託取扱企画旅行

業務の範囲が、海外旅行・国内旅行の場合は青色、国内旅行のみの場合は白色の登録票となります。また、受託契約を締結していない旅行業者、旅行業者代理業者は、受託取扱企画旅行名の欄を省略することが可能です。

なぜ旅行業登録票、旅行業者代理業登録票を掲示するのか

旅行業者、旅行業者代理業は営業所内の見やすい場所に登録票を掲示しなければなりませんが、これは、お客様などの公衆が、その営業所が登録行政庁に届出を出している正規の旅行会社なのか、それとも、無登録の違法業者なのかを瞬時に判断できるために設けられた制度です。

従って、登録票は、お客様が入店前又は入店直後に「ここは旅行商品を取り扱っている店舗だな」と判るように掲示しなければなりません。

カウンターなどの来店型の店舗を設けずに、専らホームページのみで旅行商品を販売する場合であっても、営業所(事務所)に登録票を掲示しなければなりません。

旅行商品を販売するホームページ上にも、登録票に記載すべき事項と同じ内容を表示しなければなりません。

登録票に関する罰則規定

登録票の掲示義務は、旅行業務を営む上で、お客様を保護するために重要な制度となっています。

従って、登録票の掲示義務があるのに掲示しなかった事業者には、30万円以下の罰金が科されます。

また、旅行業者、旅行業者代理業者以外の事業者が登録票を掲示した場合にも、30万円以下の罰金が科されます。

まずはお電話・メールにて、旅行業起業や旅行業登録の手続きに関するお悩みをお聞かせください。

直接相談をご希望の場合は、日時や場所を打ち合わせ・決定します。(初回相談は、原則無料です)

直接相談の後、旅行業登録や旅行会社設立の代行をご希望の方は、業務お申込後に着手いたします。

電話でのご相談
メールでのご相談

返信まで時間がかかる場合がございますので、お急ぎの方は電話でご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

メッセージ本文

メールアドレスの入力間違いには、十分ご注意ください。

ページトップへ戻る