第2種旅行業の申請書類を提出致しました。

2018年1月20日

行政書士法人シグマでは、近ごろ、第2種旅行業の新規登録申請手続きのご依頼が増えてきております。

先日は、東京都へ第2種旅行業の新規登録申請書を提出致しました。

東京都への申請の際は、旅行業務取扱管理者さんの同席が必須となっておりますが、今回のお客様は事業規模が大きい会社さんでしたので、旅行業務取扱管理者さんの他、旅行部門の現場責任者、財務担当者と当法人の担当者の4名が都庁へ伺いました。

東京都への申請は、月・水・金の予約制となっており、朝10時から1時間ごとの予約枠があります。通常でしたら一つの申請は、長くても40分程度で終わるのですが、今回のお客様の場合は、2時間近くかかりました。通常よりも時間がかかったのは、提出した決算書類の通数が多く、その内容確認に手間がかかったからです。

てるみくらぶの倒産以降、観光庁や東京都などの登録行政庁は、基準資産の確認が今まで以上に厳しくなってきています。今回のお客様は財務状況は健全で、仮に流動資産全額を基準資産額の算定の際に控除しても、第2種旅行業の基準資産額700万円を満たしておりました。

しかし、昨今の審査方法を鑑みて、流動資産として計上されている勘定科目について詳細な精算状況報告書を作成して、持参致しました。この精算状況報告書を予め作成しておいたため、東京都の担当官が認定した基準資産額は、私どもの想定通りの結果になり、申請書類は受理となりました。

国内のパッケージツアーの企画・催行を行われたい事業者さんは、行政書士法人シグマへ一度、ご相談ください。

第2種旅行業登録の申請

まずはお電話・メールにて、旅行業起業や旅行業登録の手続きに関するお悩みをお聞かせください。

直接相談をご希望の場合は、日時や場所を打ち合わせ・決定します。(初回相談は、原則無料です)

直接相談の後、旅行業登録や旅行会社設立の代行をご希望の方は、業務お申込後に着手いたします。

電話でのご相談

お電話でのご相談の際は、適切な担当者・回答内容となるよう、お名前、会社名、電話番号、相談されたい許認可の内容についてヒアリングさせていただいております。

メールでのご相談  

返信まで時間がかかる場合がございますので、お急ぎの方は電話でご相談ください。

海外からメールを送信される方へ

※海外からメールフォームでお問い合わせいただく際に、「メッセージは送信されました」と表示されても、メールが届かないケースが多くなっています。
「自動返信メールが届かない」、「2営業日経過しても担当者から連絡が無い」といった場合には、大変お手数ですが、お電話でお問い合わせいただきますようお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

メッセージ本文

メールアドレスの入力間違いには、十分ご注意ください。

ページトップへ戻る