全国旅行業協会(ANTA)の入会審査が完了しました

2018年11月1日

平成30年10月30日の午後の時間帯に、全国旅行業協会(ANTA)さんの入会審査が開催されました。

この日も暑くもなく、寒くもなく、お天気に恵まれた入会審査日でした。

今月の入会希望者は6社と少なかったのですが、うち2社が当法人のお客様です。

ANTA入会審査には代表者と旅行業務取扱管理者の同席を要する

入会審査には、代表者と旅行業務取扱管理者の同席が必要になりますが、本日入会審査を受けられた2社とも、代表者と管理者は別々の方のため、お忙しい中スケジュール調整をして頂いて、ご出席いただきました。ご協力頂きましてありがとうございました。

今回の入会審査は通常よりの入会希望者数が少なかったため、面接相手の理事さんや地区長さんは、時間に追われるなく、終始和やかな雰囲気で入会審査が進んだ印象を受けました。

入会審査を終えられたお客様からは、「本当にざっくばらんですね」という驚きの声が出ましたが、旅行業協会の理事さんや地区長さんのお人柄のお蔭で、お客様方はあまり緊張せずに、協会側からの質問に受け答えできていたように感じました。

入会審査後の手続きの流れ

本日、入会審査を受けられたお客様は、順調に本部会での審査が進むと、11月16日金曜日に入会承諾書が届く予定です。

次回の全国旅行業協会東京都支部さんの入会審査スケジュールが公表になりましたので、お知らせいたします。

  • 入会書類の提出期限:平成30年12月11日火曜日
  • 入会審査日:平成30年12月18日火曜日

この入会審査の流れですと、順調に手続きが進んだと仮定すると平成31年1月11日には入会承諾書が届きますので、1月中旬に東京都への登録申請書類の提出ができる見込みです。

平成30年度中にANTA入会で旅行業を開業する場合

ANTAに入会して、平成30年度中に旅行業を開始されたい方は、平成30年12月の入会審査が最後のチャンスになるでしょう。

なお、全国旅行業協会(ANTA)の年会費は、年度一括払いのため、月割り計算は行われません。

年度初めの4月に入会した場合でも、年度終わりの3月に入会した場合でも、年会費1年分の納付となります。

年会費を節約されたい方は、旅行業登録の通知を受領する時期を4月以降にすれば良いのですが、その分、営業開始が遅れますので、そのあたりをご留意ください。

まずはお電話・メールにて、旅行業起業や旅行業登録の手続きに関するお悩みをお聞かせください。

直接相談をご希望の場合は、日時や場所を打ち合わせ・決定します。(初回相談は、原則無料です)

直接相談の後、旅行業登録や旅行会社設立の代行をご希望の方は、業務お申込後に着手いたします。

電話でのご相談

お電話でのご相談の際は、適切な担当者・回答内容となるよう、お名前、会社名、電話番号、相談されたい許認可の内容についてヒアリングさせていただいております。

メールでのご相談  

返信まで時間がかかる場合がございますので、お急ぎの方は電話でご相談ください。

海外からメールを送信される方へ

※海外からメールフォームでお問い合わせいただく際に、「メッセージは送信されました」と表示されても、メールが届かないケースが多くなっています。
「自動返信メールが届かない」、「2営業日経過しても担当者から連絡が無い」といった場合には、大変お手数ですが、お電話でお問い合わせいただきますようお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

メッセージ本文

メールアドレスの入力間違いには、十分ご注意ください。

ページトップへ戻る