全国旅行業協会への入会申請書類の提出が完了しました。

2018年8月26日

行政書士法人シグマでは、3事業者様分の、平成30年9月に開催される全国旅行業協会東京都支部の入会審査をお手伝いをしております。

必要書類の提出期限は9月5日となっているため、それまでに事務局へ提出し受付をして頂く必要がありますが、すべての事業者様分の書類を8月中に提出することができました。

予定より早く提出できたのは、事業者様のご協力のおかげです。誠にありがとうございました。

提出した事業者様はすべて新規の旅行業登録

今回旅行業協会への入会書類を提出した事業者様は、3社ともこれから旅行業登録申請を行われる事業者様です。

既存法人のA社様、新設法人のB社様、C社様の入会書類を提出いたしました。

基準資産額を満たすための増資

A社様は、直近の決算では基準資産額を満たしておりませんでした。

基準資産額を満たすためには資本金を増やす増資手続きが必要でしたので、私どもで基準資産額を満たすための増資額を算定して、増資手続きを行っていただきました。

旅行会社設立と旅行業登録

B社様は、会社設立と旅行業登録取得の代行を当法人にご依頼頂きました。

さらに、税理士、社労士さんをお探しでしたので、私どもの業務提携先の税理士事務所・社労士事務所をご紹介いたしました。

起業費用の節約を考慮して旅行業登録のみ代行

C社様は、会社設立を当法人にご依頼されるか、事業開始後の顧問税理士さんにお願いされるか最後まで悩まれておりました。

私どもからは、起業費用を節約するために顧問税理士さん側で会社設立を行われることをご提案し、旅行業登録の取得の代行のみを私どもでお手伝いいたしました。

旅行業務取扱管理者の確保が手続きの前提

A社様、B社様、C社様とも、初回の打合せの時点でのご事情やお悩みは違っておりましたが、3社様とも、旅行業務取扱管理者を確保している状況でした。旅行業務取扱管理者を確保していたので、円滑に入会申請の準備を進めることができたのだと思っております。

これから旅行業で起業を検討されている方は、まずは、旅行業務取扱管理者を確保してから準備を進められることをおすすめいたします。

行政書士法人シグマでは、旅行会社の設立手続きのお手伝いをしております。代行手続きをご希望の方は、問合せフォームからメールにてご連絡を頂くか、お電話にてご連絡頂けると幸いです。

まずはお電話・メールにて、旅行業起業や旅行業登録の手続きに関するお悩みをお聞かせください。

直接相談をご希望の場合は、日時や場所を打ち合わせ・決定します。(初回相談は、原則無料です)

直接相談の後、旅行業登録や旅行会社設立の代行をご希望の方は、業務お申込後に着手いたします。

電話でのご相談

お電話でのご相談の際は、適切な担当者・回答内容となるよう、お名前、会社名、電話番号、相談されたい許認可の内容についてヒアリングさせていただいております。

メールでのご相談  

返信まで時間がかかる場合がございますので、お急ぎの方は電話でご相談ください。

海外からメールを送信される方へ

※海外からメールフォームでお問い合わせいただく際に、「メッセージは送信されました」と表示されても、メールが届かないケースが多くなっています。
「自動返信メールが届かない」、「2営業日経過しても担当者から連絡が無い」といった場合には、大変お手数ですが、お電話でお問い合わせいただきますようお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

メッセージ本文

メールアドレスの入力間違いには、十分ご注意ください。

ページトップへ戻る