【2020.1】次回のANTA東京都支部の入会スケジュール

2019年11月3日

観光法務専門の行政書士事務所、行政書士法人シグマです。

全国旅行業協会(ANTA)東京都支部さんの入会審査のスケジュールが公表になりました。

  • 入会申請書類の提出期限 2019年12月2日(月)
  • 入会審査の開催日    2019年12月9日(月)
  • 全国旅行業協会常務理事会開催 2020年1月9日(木)【予定】

入会承諾書の受領可能日

旅行分野での起業準備中の方で、全国旅行業協会(ANTA)東京都支部へ入会を検討される多くの事業者様は、第2種又は第3種の旅行業登録を目指されている方々かと思います。東京都へ旅行業登録申請を行う際、旅行業協会から発行される入会承諾書が必要になるのですが、この入会承諾書はいつごろ入手可能なのか、気になる方が多いのではないでしょうか。

仮に、上記の12月9日の入会審査を受けられて、全国旅行業協会での事務・決裁手続きが順調に進んだとすると、我々の経験上では、1月13日から始まる週には、入会承諾書が事業者様のお手元に届いている状態になっていると思います。

東京都への旅行業登録申請書の提出が完全予約制となっています。

申請の予約を予め取得されるのならば、予備日を考慮して、2020年1月20日以降に取得されてみてはいかがでしょうか。

東京都へ申請書提出後のスケジュール

申請予約を取得した日に申請書を提出し受理となった場合、申請日から30~40日で審査が完了します。

仮に2020年1月20日に旅行業登録申請書類を東京都へ提出した場合、都庁での審査手続きが順調に進んだと仮定した場合、2月下旬頃に審査が完了すると思われます。

登録通知書受領日には、再度、都庁を訪問し、登録通知書などの完了書類の受取、登録申請手数料9万円の支払いを行います。その後、弁済業務保証金分担金の納付、全国旅行業協会の入会金・年会費の納付と手続きが進みます。

例年、新年度が始まる2020年4月より旅行業をスタートされたいという事業者様からご相談を頂くことが多いのですが、既に旅行業務取扱管理者資格を保有している方を確保されており、基準資産額の要件をクリアーできるのであれば、2019年12月の入会審査を受けるための準備を進められることをおススメします。

と申しますのは、12月の入会審査を逃してしまうと、2020年最初の入会審査を受けて頂くことになります。2020年最初の入会審査を受けて東京都への旅行業登録申請を進めると、東京都の審査が1ヶ月前後の期間を要しているため、2020年4月1日からの営業開始は難しいと考えられるからです。

旅行業登録要件を満たしている事業者様で、2020年4月1日より旅行事業を始めたいと思われている方は、ぜひ、申請準備を進めてください。

まずはお電話・メールにて、旅行業起業や旅行業登録の手続きに関するお悩みをお聞かせください。

直接相談をご希望の場合は、銀座または武蔵小杉にて承ります。(初回相談は、原則無料です)

直接相談の後、旅行業登録や旅行会社設立の代行をご希望の方は、業務お申込後に着手いたします。

LINEでもご依頼いただけます 電話でのご相談

お電話でのご相談の際は、適切な担当者・回答内容となるよう、お名前、会社名、電話番号、相談されたい許認可の内容についてヒアリングさせていただいております。

メールでのご相談  

返信まで時間がかかる場合がございますので、お急ぎの方は電話でご相談ください。

海外からメールを送信される方へ

※海外からメールフォームでお問い合わせいただく際に、「メッセージは送信されました」と表示されても、メールが届かないケースが多くなっています。
「自動返信メールが届かない」、「2営業日経過しても担当者から連絡が無い」といった場合には、大変お手数ですが、お電話でお問い合わせいただきますようお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

メッセージ本文

メールアドレスの入力間違いには、十分ご注意ください。

ページトップへ戻る